日 時 : 令和元年 12月 21日(土)13:30~15:00  

場 所 : 清香館  

テーマ : 地域医療の今、そしてこれから  

講 師 : 清田 眞由美 氏(高校27回、春日クリニック院長)  

受講生 : 36名

 外来診療の中で更年期女性の抱える問題の大きさを実感し、更年期医療への取り組みをされている清田真由美氏を講師に迎え、内容の濃いお話を伺いました。
 両親の介護、夫の健康管理、子供や孫のことなど様々な問題を抱えながらも、わが身を顧みず一人で抱え込む更年期の女性が多い現状に熊本県で初めて女性外来を始められました。
何でも相談できる信頼のおけるかかりつけ医と地域医療を活用することの大切さを学びました。老後の問題には更年期からトータルケアを始め、また高齢になり老化に伴う各種能力の衰えを否定的にとらえず現状を肯定し多幸感を抱くというお話に講座生の方も真摯に傾聴されていました。